寝る 前 に ストレッチ。 骨盤矯正ストレッチ!寝る前10分で骨盤の歪みを自力で直す [姿勢・仕草] All About

上にある方の腕を反対側へ広げます 骨盤を立て、伸ばしている方の足へ上体を倒します
スマートフォンやパソコンから出るブルーライトは太陽光(紫外線)に近い特徴があり、目の奥の網膜まで強い刺激を与えてしまいます やり方• 無理に体を倒さなくてもお尻が伸びている感覚があればOK
リラックスと緊張・自律神経 体は自律神経(じりつしんけい)という神経により、胃腸などの消化器、呼吸器、循環器などの働きの恒常性が営まれています 体を興奮させる交感神経が高まると、体と心をリラックスさせる副交感神経のレベルは低下します
すると、寝付きが悪くなってしまうので、寝る前には避けたほうがいい運動なのです この事は睡眠の妨げになります
トレーニングをしすぎると寝付きが悪くなる ダッシュや高重量を扱う負荷の強い筋トレは、 脳が興奮状態になり寝つきが悪くなってしまいます 1-3. ストレッチは習慣化させることが大切なので、ご自身の生活に合った時間帯におこなえれば効果的ですが、実は寝る前のストレッチには多くの良い効果が期待できます
79

終わったら反対側も同様におこないます。

その点は、アレンジする際に注意が必要です。

リラックスする効果 睡眠前のストレッチは、筋肉を和らげ血流を良くするほか、脳の前頭葉ではアルファ波が増加し、身心のリラックス効果を生む副交感神経が活性化しはじめます。

たくさん飲んでも特に体に害はなさそうに思えますが、実は飲み過ぎると体に負担をかけてしまう可能性があります。

そこで今回は、良質な睡眠を得るための心得とストレッチをご紹介します。

ストレッチをした後に、スマホやパソコン、テレビなどの画面をみたり、何か頭を使う作業をしてしまったりすると、せっかく活性化した副交感神経が、また交感神経に切り替わり脳が興奮状態になってしまいます。

身体が固い方は無理をせず、膝を曲げながらできる範囲で体をストレッチしていきましょう。

95