テラダイン 株価。 アメリカのアドバンテスト:テラダインについて紹介

アドバンテストの 長年の宿敵テラダイン(TERADYNE についてご紹介します。

他の人より1歩も2歩も知識で差がつけられると思います。

ユニバーサルロボットの強みは、シンプルで安いこと。
21 総資産 3,652,346千 2,787,014千 2,706,606千 3,109,545千 2,762,493千 自己資本 2,210,805千 1,480,158千 1,522,354千 1,953,646千 1,828,659千 自己資本比率 60. そして、半導体テスタ業界で世界2位となっています それに加えて米中半導体摩擦が起きているので、中国の顧客もアメリカの製品を使うのは避けますし、元々使っていなかったのでこれから新規開拓をできるような空気ではありません
銘柄名 業種 現在値 安値 - 高値 前日比 出来高 1 KLA-Tencor Corporation Capital Goods 半導体関連 314. テラダインはテスタ以外でも、 ユニバーサルロボットという 協働ロボット分野でのマーケットリーダーの会社を買収しています ストレージテストシステム;回路基板のテストおよび検査システム
高周波テスト(ULTRA FLEX)での高周波分野でのテスティングも強いです IQgigテストソリューション;ワイヤレスチップセット用のターンキーテストソフトウェア
近年はアドバンテストがSoCテスタにおいて非常に伸びてきているので、テラダインを押し気味です 私は何年も前に読みましたが、今でも読み返します
なので、iPhoneの製品サイクルに左右されやすいです 従来はウェハテスト、パッケージテストがメインでした
半導体テストセグメントは、自動車、産業、通信、消費者、コンピューター、電子ゲーム、およびその他のアプリケーションでのウェーハレベルおよびデバイスパッケージテスト用の製品とサービスを提供します 最大量の半導体デバイスに対応するJ750テストシステム
また、 CMOSイメージセンサーという半導体向けのテスタが強いです テラダインの業績推移グラフ 2017年はTTM 半導体セクターが売られる局面ではテラダインも大きく売られる
競合は1位のアドバンテストです これはSony向けに供給しています
ファウンドリ;アウトソーシングされた半導体アセンブリとテストプロバイダー 14 総資産 3,719,717千 3,652,346千 3,436,512千 3,249,189千 自己資本 2,325,786千 2,210,805千 1,993,544千 1,744,551千 自己資本比率 62. (例:車載、CMOSイメージセンサーなど) 一方メモリテスタはあまり強くありません
40 時価総額(円) ¥925,826,376,076 IPO YEAR セクタ Capital Goods 業界(INDUSTRY) Electrical Products 業種 半導体関連 テラダインと同業種の銘柄一覧(SOX) No. テラダインは非メモリテスタ スマートフォン・車載半導体・有機EL向け等 に強く、非メモリテスタの方が市場規模が大きく成長している ストレージテストシステム;回路基板のテストおよび検査システム
2021年4月期 連 2020年12月期 連 2020年9月期 連 2020年6月期 連 決算日 2021年4月4日 2020年12月31日 2020年9月27日 2020年6月28日 売上高 781,606千 758,969千 819,484千 838,661千 営業利益 233,013千 234,081千 269,661千 217,949千 税引前利益 223,993千 222,926千 263,731千 217,291千 当期利益 205,512千 196,332千 222,718千 188,908千 EPS 一株当たり利益 1. なので、テラダインに投資する際には半導体テスタもまだ魅力的ですが、ロボット事業も魅力です 平均で6カ月~1年で投資回収可能だという
2015年に58%、2016年に62%、2017年に72%の成長 2017年はURの売上高目標が前年比50%増で結果が72%増だった シリコンウェーハの製造を自社のビジネスに統合する統合デバイスメーカーにサービスを提供します
ゼロではありませんが、アドバンテスたほどでは無いというのが現状です すでにユニバーサルロボットも買収していて半導体試験装置から協働ロボットに軸足移してるな
SoCテスタは 30%、メモリテスタは 57%となっていました ・中国顧客が絶望的 ファーウェイやハイシリコンは元々アドバンテストの顧客でした
そして、半導体テスタ業界で世界2位となっています 解説 — 米国株 決算マン KessanMan. テラダインは半導体試験装置でアドバンテストとシェアを二分する テラダインのATE 自動検査装置 シェア推移 *2017年はシェアが50%になった
すでにユニバーサルロボットも買収していて半導体試験装置から協働ロボットに軸足移してるな シリコンウェーハの製造を自社のビジネスに統合する統合デバイスメーカーにサービスを提供します
テラダインの協働ロボット「ユニバーサルロボット」がすごい 協働ロボットの市場規模は年率50-70%で成長し、2021年には20億-30億ドルに達すると予想されている UR調べ 協働ロボットの競合はスイスのABB、日本のファナックや安川電機、ライフロボティクスなど 」というが、 テスト容易化設計やテスタの耐用年数の長期化という逆風もあり、テラダインはテスタ以外の事業の多様化を模索している
TERADYNE(テラダイン)とは こちらはテラダインの過去の株価の推移ですが、 過去5年で株価が5倍以上に増えていると非常に好調です 今後の半導体テスタ業界でキーポイントになる技術 システムレベルテスト これは、実際の仕様が想定されるシステム環境を構築し、その環境に製品を置いてテストをすることです
半導体はデバイスに組み込まれて機能します 同社は1960年に設立され、マサチューセッツ州ノースリーディングに本社を置いています
Source: ADVANTEST アドバンテスト「半導体の大容量化と複雑化 3D NAND等 で、層数向上と多ビット化に比例するようにテストタイム短縮難易度が上昇し、テスタ市場も拡大 テラダインは半導体試験装置でアドバンテストとシェアを二分する テラダインのATE 自動検査装置 シェア推移 *2017年はシェアが50%になった
12