ファイターズ 王国。 日本ハムファイターズさん、派手にヤバい

観客の増加を図るためそれまでプロ野球球団がなかったのに本拠地を移す構想が、3月20日刊のでトップ記事になった。

・特定の個人や団体を誹謗中傷する等、内容が不適切だと判断される記事や行為を確認した際には通告なく登録サイトから削除します。

パ・リーグの1シーズン制が再開、結果は優勝した西武に大差をつけられたもののAクラスの3位。

河野がで巨人へ移籍した。

5ゲーム差、2位西武と2ゲーム差の3位に終わった。

が4月25日の対西武戦でを達成し、新外国人のや、ドラフト1位とベテラン若菜とのバッテリーが活躍する。

オフに移籍を表明した大谷がに移籍。

最終的には首位から17. プレーオフ(2004-2006)(2回) (太字は勝利した年、斜体は第1ステージ敗退) 1勝1敗• オフに・と中日・とのトレード。

採用前年のリーグ優勝へのご祝儀と、継ぎ接ぎが目立っていた旧ユニフォームに対する評判を覆すためにモデルチェンジ�. ビジター用はスカイブルー地に赤(縁取り:白)の「 Nippon Ham」ロゴ、ロゴと背番号にはナール式(丸)文字を採用。

、札幌市中心部でパ・リーグ優勝記念パレードが行われ約11万1千人(実行委員会発表)のファンで賑わった。

11

シーズン最多三振 1151三振(2005年)• 再発足したに加盟。

日本ハムはで創業した後に、本社をへ移していたため、かねてから関東地方への進出を模索。

1946年 :• また打席の左右も1番から8番まで全て交互の「ジグザグ打線」を形成し、相手投手の左右の影響を受けにくい打線であった。

ロッテとの第2ステージは3勝2敗で制した。

後期に優勝するものの、で前期優勝の西武に1勝3敗で敗れ、総合2位に終わる。

、球団新記録の15連勝を達成。

開幕投手候補だったグロスが開幕直前に怪我でリタイアするアクシデントにあうも、グロスに代わり開幕投手を務めた岩本が球団史上初の開幕戦完封勝利を挙げ、・・が台頭した。

1969年は7月10日から7月17日までをが代理。

また、シーズン最終盤まで優勝争いがもつれたことでレギュラーシーズンのホームゲーム観客動員数は199万2000人と、北海道移転後最高を記録した。

しかし、打撃陣はチームの大砲であったブリューワが腰痛により1年を棒に振り、前年度ベストナインのも試合中に骨折など怪我人が続出、トレードで移籍してきた、急遽獲得したの奮闘があったもののチーム打率、得点数、盗塁数がリーグ最下位という貧打で、2年連続3位となるも62勝65敗3分と負け越す。

62

プロ入り前から既に全国区の人気を誇っていたルーキー・斎藤を見物・報道するため、選手寮入寮、新人合同自主トレ、とシーズン前から大量のファンと報道陣が詰め掛ける 佑ちゃんフィーバーが巻き起こり、その異常な注目状態のまま開幕を迎えた。

シーズン最多二塁打 290本(2009年・日本プロ野球記録)• アジアチャンピオン 1回 (2006年)• この年のオフに近藤が監督辞任、後任はが1973年後期以来の監督復帰を果たした。

しかし地方開催のためを訪れた、ヘッドコーチ、ターメル・スレッジ、宮西尚生がに感染し球界初の新型インフルエンザ感染者となり、3名の他にも新型の恐れのあるによる発熱で主力選手の欠場、登録抹消が相次いで、この日の楽天戦から6連敗。

東映の新人時代から先発陣の一角を担ってきた金田留広は、この年から長兄の正一がロッテの一軍監督へ就任した縁で、シーズン終了後にとの交換トレードでロッテへ移籍した。

セ・パ交流戦優勝 1回 (2007年)• 前オーナーの西村は土橋の監督続投を日本ハム側と約束していたが 、日本ハム側は、球団の買収を主導していた三原の義理の息子で、過去に西鉄でプレーイングマネジャー()を経験していた中西を新監督に据えた。

1949年 - 1950年: (第1次)• 首位近鉄と24. 打撃陣では本塁打・打点の2冠王となったソレイタにプレーオフMVPの柏原とクルーズのクリーンナップに加え、島田や、といった小兵選手も活躍した。

70