はたらく 細胞 エンディング。 はたらく細胞BLACK

『はたらく細胞』(はたらくさいぼう)は、清水茜による日本の漫画。

「声」はテレビアニメ版における担当。

第2部では、AA2153ら赤血球たちと一緒に別の体に輸血されて以降行方不明だったが、第17話で主人公と再会する。

(セレウスきん) 声 - 非常に熱に強い性質を持つ土壌細菌。

毛穴に住み着いて細胞たちを牛馬のようにこき使い、皮脂を無理矢理生成していた。

19

第6話に登場。

読切版でも登場。

他の細胞たちはステロイドのことは知らなかったが、記憶細胞からは「世界に異変が起こった時にどこからともなく現れる」「騒動に関わった奴を一掃するタイプ」と言われる。

制服は比較的本編に近いが、白い靴下と上履き風の短靴を履いているなど細部で異なり、また等身が若干高い。

巨核球は人目もはばからず涙を流し、「すばらしい! なんという団結力!」「師である私が驚くほどの成長を見せるとは、まったく大したおチビどもだ」と血小板たちを賞賛する一面もある。

いわゆる悪玉菌から善玉菌まで様々な細菌を有害無害問わず扱う。

イメージを拡大 カレンとクララによる2人組ユニット「ClariS」が5月3日、東京・Zepp Tokyoで「ClariS 2nd Zepp Tour in 東名阪 ~Best of ClariS~」ファイナル公演を開催し、最新シングル「CheerS」のリリース決定を発表した。

班長 声 - 、(未熟胸腺細胞時代) 劇中で主に活躍するキラーT細胞で、彼らのリーダー格。

1月から週1回「はたらく細胞アワー」に! 「はたらく細胞アワー」としてTVアニメ「はたらく細胞! 青年と女性の姿をした個体がいる。

登場キャラクターの擬人化は、細胞は人間化、などはモンスター化・怪人化して描かれている。 「にゅー」と鳴く。 お団子を重ねたような丸い二本の角が生えたぽっちゃり体形の少年。 また、L-セレクチンと呼ばれる接着分子を持っており、血管内皮細胞に張り付く事が出来る。 (かのうレンサきゅうきん) 声 - レンサ球菌の一種。 前回の抗原との戦いを記憶しており、同じ抗原が出現した際、抗原提示を待たずに速やかな再攻撃をしかけられるようになっている。
78