歪曲 意味。 「曲解」の意味と使い方、類語、「誤解」「歪曲」との違い

「曲解」は「物事や他人の言動などを素直に受け取らず、わざと捻じ曲げて違った解釈をすること」 「歪曲」は「事実を故意に歪めて、相手に偽った内容を伝えること」 「曲解」と「歪曲」は、どちらも「物事や事実を曲げて解釈すること」です。

skewness ゆがみ、ひずみ• 歪曲の対義語・反対語 公明正大(こうめいせいだい)です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

歪曲の対義語 歪曲の対義語・反対語としては、正しく嘘や偽りのないことを意味する「正直」、正しい状態にすることを意味する「匡正」(読み方:きょうせい)があります。

3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。

「話を小さくする」は「矮小化する」とほぼ同義で使われるのに対して、「すり替える」は「矮小化する」が物事の本質が捉えずに主題が変わってしまったような状況での類義語として用いられます。

そういった場合は、無意識のうちに自分の考えを重視して、本当の事を自分の良いように捻じ曲げてしまいがちです。

日常会話で使うことはほとんどありませんが、ニュースなどで見聞きしたことがあると思います。

83

「誤」は「あやまる。

そのため、次のような使い方になります。

意味を捻じ曲げて解釈する 曲解という言葉が意味を捻じ曲げて解釈するという意味だとわかると、使う場面もおのずとわかってきます。

2021-05-31 07:19:45• また、部分的に成り立つ事柄を全体に成り立つ事柄として主張することをいいます。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

37