お願い し たく ご 連絡 いたし まし た。 【突然のメール】の書き方と注意点!例文を使って解説します

お手数ですが、出欠の有無を事務局までご連絡いただきたくお願いいたします。

つきましては恐れ入りますが、お取引条件について下記の条件で、 お見積り書を頂戴したくお願い申し上げます。

「ご連絡させていただきました」が間違った敬語である理由は二つあります。 また 、 「 さんか し て いただき たい 」 だ と じぶん が さんか し たい の で は なく て 、 あいて に さんか し て ほしい という いみ に なり ます。 賜りたく / 「もらう」の謙譲語で「たまわりたく」と読みます。 相手から送られてくるメールの返答も、おそらく「NO(=依頼を受けない)」でしょう。 ビジネスにおいて誤解を招かないためにも、特に目上の人への使用には十分気をつけましょう。 これでは、相手が「軽んじられている」と感じても仕方ありません。 相手の許可を得ていないことをしている場合、相手に恩恵を与えていない場合に使うと非常に失礼な表現になります。 また、「差し上げます」は「してあげます」といった意味を持ち、どことなく上から目線な印象に見られることもあります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。
42 74