セル モーター。 セルモーター / スターター

というよりも安心・安定してバイクに乗れないのが、もっとも嫌な気持ちになってしまいます。

セルモーターのギヤ部分のドアップ。 むしろ、車が誕生した当初はこれが普通でした。 左がリダクション、右がプラネタリ。 ロングボルト、ブラシ、各配線を取り付け、増し締めをして ブラシカバーを閉めて完成です。 ブラシとはモーターに電気を流す部品になるのですが、回転しているモーターに電気を流すため、接触部分であるブラシはどんどんと摩耗していきます。 アーマチュアの前後軸受け部分には調整シムが入るので、間違い無く復元できるように要注意。 しかし、最初に何かしらの手段でエンジンを回転させなければ、エンジンは動くことが出来ないのです。 最もオススメなのは、2つ目の選択肢「リビルト部品との交換」です。
45
部品番号は、28100-46100です。 リビルト品と交換する• ディーラー• こんなすり減り方でも、粉塵を除去して接点をクリーニングしたら、動かなかったモーターが動くようになった。 Oリングが組み込まれるタイプなら、新品部品をあらかじめ注文しておくのが良いだろう。 ・テックサイクル(TechCycle)で「ガガガガ」「ガチャッ」といった異音はスターターピニオンギア(小さな歯車のギア)が削れてしまう症状になります。 日産のエコモーターやスズキのISGは車の発電機 オルタネーター とスターター・モーターを兼用しています。 取り外しタイミングに分解清掃しよう。 エンジンから取り外したセルモーター単品。
49
これがキックスタート(キック始動)の最大のメリットでもあります。 ・セルボタンを押す事でソレノイドが飛び出て動く仕組みになっています。 コンミテータを耐水ペーパー1500番位で磨きます。 ギヤの接続と切断の切り替えは、マグネットスイッチにて行われます。 ・ソレノイドにはキノコの形をした棒状部品がスプリングと共に入っています。 そして車の速度が少し出てきたところでクラッチを繋ぐとエンジンが始動します。 ナビやメーターなどの電装品が作動しない• この切り離しを行うのが、オーバーランニングクラッチです。