ウェルス ナビ コロナ。 コロナショックから始めるウェルスナビ・テオ・マネックスアドバイザー【ロボアド運用実績比較】-運用メモ

ウェルスナビでのコロナウイルスによる資産減少の状況 今朝のウェルスナビ ダウ1985ドル高! これは景気対策に好感が持たれ、買いが買いを呼んで爆上げした訳で、コロナは依然として終息していない。 12

大事なのは一喜一憂せずにひたすらに積み立て投資を続けてること。

もしウェルスナビを使う場合は多少の損失は気にしないという強いメンタルが必要です。

(前回の運用記録はこちらから). 合計の積み立て投資額「4万円」 【月1万円で4か月分】• 趣味は読書で月に10~15冊ほどを読んでいます。

各ロボアドの利用者の想定と運用手法 「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」の場合 「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」は、優れた運用実績と低コストで定評がある米国のETFを投資対象としています。

対して金GLDは大きくプラスの評価となっています。

の意思はわかりましたが、一時的な経済の停滞は避けようがないと思います。

まず、コロナショック前のウェルスナビ最高値が下記。

リスクを低くしたい場合は、低い数字を選択します。

残念ですが回復早すぎます。

80