石原 詢子。 【インタビュー】石原詢子、古内東子書き下ろし曲で突破するポップスと演歌の境界線「“今だから見えるもの”と“ありがとう”を」

帰る場所をなくしたことで、歌手としての決意を新たにしたという。 1988年のデビュー以来、『みれん酒』『ふたり傘』などのヒット曲を生み出してきた演歌の歌姫・石原詢子。 そうした方々の耳に、新曲がスッと入ってくれたらうれしいですし、若い世代や私よりも上の世代の方たちにもきっと伝わるメロディー、メッセージだと思っています。 「流行歌通信」2003年9月、日刊スポーツグラフ• 『読売新聞』1989年11月2日。 そのほかに好きな動物は、。

翌に「夕霧海峡」がヒットし頭角を現した。

「流行歌通信」2003年9月、日刊スポーツグラフ• 「glory interview 石原詢子」『カラオケ伝言板』2016年5月号、イー・ヴォイス、6頁。

ルーツとなる詩吟や演歌以外に10代や20代の頃に影響を受けた音楽にはポップスもありますか? 石原:私は一台のTVを家族全員で見ていた時代に育ったので、いろいろなジャンルの音楽を聴いていたんです。

だから今度の新曲については、ようやくスタート地点に立ったなという感じです。

「日本の祭り」(2003年)• 「カラオケ伝言板」Vol.17、2012年11月、 株 イー・ヴォイス(石原詢子表紙、巻頭インタビュー) 外部リンク [ ]• 「」2001年-(本人出演、CMソングを歌唱)• 上京 [ ] 石原が歌手を目指すことに対し、父親は猛反対であった。

大家族で母親の手伝いをして育ったため、煮物などの家庭料理が得意である。

95