マイク ワ ゾー スキー。 マイク・ワゾウスキ (まいくわぞうすき)とは【ピクシブ百科事典】

学生時代は、サッカーに勤しみつつ、空いた時間に貪るように映画を鑑賞 前日談のユニバーシティの時点で終盤マイクとすでに出会っており、「ずっと二人(マイクとサリー)を見ている」と一目置いていた
サリー達に連れられて再び会社へ向かう際にはサリーが徹夜で作成した椅子の生地で造った胴体、モップの髪、電球の目玉のモンスターの着ぐるみを着用している 一人称は「私」
事件解決後、モンスターズ・インクがサリーにより再運営された後は、子供を笑わせるための鉄板ジョーク(子供には大すべり)として、子供の頃は、幼稚園があまりにも楽しすぎて留年したと話し、はが得意で負けたことがない(ボール役だったから)と語っていた くしゃみをすると火を吐く体質で、新聞を燃やしてしまう
ゴミが好物で、拾ったゴミをちり取りごと食べる 」もパーク有数の人気アトラクション
『 Monsters, Inc. キーチェーンなどに付けると便利です! サリー・マイクナノブロック 価格各1400円 人気のコレクターズアイテムはマイクとサリーを揃えて置きたいですね! 価格各900円 ミニナノシリーズも販売されています NGシーン集ではサリーの名前の「サリバンさん」を「ソロモンさん」と言い間違えたり、作動させたドアシュレッダーが暴走して惨事を起こしたりしている
そして、そのトレーラーハウスを引く車こそが、全てのピクサー作品に登場するのデリバリーバン「GYOZAバン」である に系『』で放送された際、サリーとマイクの字幕はそれぞれの体の色にちなみ水色と黄緑で表示された
サリーとマイクとは仲がいい様子で、売り物の野菜を差し入れとして渡すほど アトラクション 『 Monsters, Inc. 彼らを追ってきたランドールの手をかいくぐり、どうにか目当てのドアへたどり着いたものの、CDAを味方につけたウォーターヌースによって追い詰められる
登場人物と声の出演• 外見は8本の手足を持つ紫色のトカゲのようなモンスター また、に似た青い生徒はマイクの手に噛みつき、劇場ではブー役をやらされており、保母は劇場でピアノ伴奏を担当していた
91

エンディングのNGシーン集ではのレックスもテッド役のオーディションを受けていたことが判明したが落選した模様。

」と言っている。

)は、に公開されたと製作の長編フル。

キャスター テレビのニュースキャスター。

ピクサーの長編アニメーション作品としては第4作目となる。

Yeti ヒマラヤで暮らす気の良い雪男。

84 69