ルネ マグリット。 マグリット展

なぜか。

死没地:ベルギー ブリュッセル• 実は22歳にして結婚していたマグリット。

鳩は聖書における希望の象徴であり、第二次世界大戦後にはピカソによって平和のアイコンとして定義されたものです。

その落差がまた、見るものを惹きつけるのかもしれません。

そのルネ・マグリットが、シュルレアリズムにはっきりと目覚めたのは、イタリアの画家ジョルジオ・デ・キリコの作品に出会ったときであったとマグリット自身が述懐しています。

こののち、アメリカ合衆国を訪れたのをきっかけにルネ・マグリットはその死まで国際的な人気を享受し続けます。

暗い、夜間のストリートシーンに対して、パステルブルーで光降りそそぐ空にふわふわ積雲に焦点があたっている。

41
このパリの時代に、ルネ・マグリットはジョアン・ミロやポール・エリュワール、ジャン・アルプなどと昵懇の中になりました しかしそれまでとは一転したこの作風は人気が出ず、長続きはしませんでした
想像を絶するような不思議な物体の配置が見るものをギョッとさせるにも関わらず、作品からはこの上ない静謐が漂ってきます そして《白紙委任状》とは馬上の女性が、見えなかったり、見えたりしながら行動することを許す許可証なのである
1948・・・ロートレアモンの『マルドロールの歌』のために77枚のイラストを書く その後、弟のピアノ教師だったという偶然のきっかけが元になり、コラージュ作家らと 「Esophage 食道 」と「Marie マリー 」という2冊の雑誌を創刊
ゴーマンに従って、妻と共にパリを訪問 ゴーマン、ヌジェ、スキュトネール、スーリと『神秘協会』を結成する
パリからブリュッセルに戻ったころに世界恐慌が訪れ、画廊から契約を切られ、経済的に苦境に立たされた 他のシュルレアリスト作品も同じだ
51