プルーフ ローリング 試験。 プル−フロ−リング試験について

ちなみにチェック表みたいなもので、計算も何にもしません。 プルーフローリング測定の際には、ダンプトラックやタイヤローラー、マカダムローラーといった車両を使用し、施工完了した路盤面を車線ごとに走行速度2キロ程度でゆっくりと走行させます。 気持ちはものすごく分かります。 プルーフローリング測定のポイント4:不良個所があれば処置する プルーフローリング測定のポイントの4つ目は、「不良個所があれば処置する」です。 もし、記事の内容に誤りなどありましたらお手数ですがからご連絡頂くか、にDMをお願いいたします。 晴れの場合 天候が晴れの日だとしても、プルーフローリング測定に適しているというわけではありません。 降雨直後の含水比が高い状況にある路床、路盤面での試験は避ける。
質問一覧• ぜひ、この記事でご紹介したプルーフローリングを測定するときのポイントや、不良箇所がある場合の対処法、プルーフローリング測定時の天候についての判断方法などを参考に、プルーフローリングについて理解を深めてみてはいかがでしょうか 日本道路協会が定めているプルーフローリング試験方法では、プルーフローリング測定で見つかった不良個所への対処法も記載されています
そのため、雨が降っているからといって試験を中止しなければならないわけではありません 盛土は施工不良などを発見できると思うのですが 切土においては施工不良とかではなく、路床面の支持力を観察することになるので 現場CBR試験などで事足りませんか?. スペルを教えて下さい
また,乾燥している路面,路盤面に対しては,試験開始の半日程度前に散水して,路床,路盤面を湿潤な状態にしておいて試験を行う たわみ測定用の荷重車とは2輪駆動型のタンデム車、 すなわちダンプトラックです
天候ではなく、試験対象の現況の含水比と最適含水比を比較して、適切に中止判断をしましょう ですよね
1.プルフローリング(舗装試験法便覧) 仕上がり後の路床,路盤の表面の浮上りや緩みを十分に締固め,かつ不良箇所を発見する目的で,施工時に用いた転圧機械と同等以上の締固め効果を有するタイヤローラーやトラックを走行させる試験がある よろしければ他の記事も見ていってください
はっきり言って基準は曖昧?です 天候ではなく、現在の含水比と最適含水比をチェックして正しい判断することが重要です
少し飛躍しますが、たわみ量の管理値を示すには、現場で汎用的に使える測定方法の普及も同時に必要であると考えます ここでは最後に、天候が晴れの場合と雨の場合のプルーフローリング測定についてご紹介します
そして悪そうなところについて、上記のたわみ試験で測定します また、荷重車の調達が困難な状況であったり、複輪の荷重調整も難しく、さらに走行速度にもばらつきがあるなどの問題も指摘されています
ベンケルマンビームによるたわみ量測定方法の説明 ベンケルマンビームは基準台から2m40cmの長さの測定アームを伸ばしてゼロセットし、そこに後軸片側4輪が配置されている2輪駆動型タンデム型荷重車を所定の輪荷重 5t と空気圧 686kPa で載荷した際のたわみ量を測定する方法です 現実的には、市町村のような小規模な工事や大型車が通らないようなところでは、転圧を行ったタイヤローラーでたわみを確認しておりました
注意事項 試験を行うに際しては,荷重車を走行させる前に路床,路盤面の含水状況を観察して,できるだけ一様な含水比の路床,路盤面でおこなえるようにし,降雨直後の含水比が高い状況にある路床,路盤面での試験は避ける そのため、プルーフローリング測定はそのことを理解した上で実施する必要があるでしょう