ポンタール カプセル。 ポンタールの頭痛や歯の痛みなどへの効果、副作用、授乳中の使用|ロキソニンとの違いや併用も|薬インフォ

64
](ただし、「慎重投与」の項参照) 重篤な血液の異常のある患者[プロスタグランジン生合成抑制による血小板機能障害等の血液異常を悪化させることがある。 重篤な心機能不全のある患者[腎のプロスタグランジン生合成抑制により、浮腫、循環体液量の増加が起こり、心臓の仕事量が増加するため症状を悪化させるおそれがある。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 熱を下げる作用もあります。 4.急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。 重篤な腎障害のある患者[重篤な腎障害患者は、薬物排泄機能が著しく低下しているため、本剤の排泄が十分に行われず、異常な体内分布を起こす恐れがあり、また、プロスタグランジン生合成抑制により腎機能が低下するため腎障害を悪化させることがある]。 水酸化ナトリウム試液に溶ける。 。 SLE 全身性エリテマトーデス の患者[病態を悪化させることがある]。 その他の注意 非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。 1 ポンタールカプセル250mg/ポンタール錠250mg 添付文書 ポンタールの副作用|眠気の有無は? ポンタールの主な 副作用は 下痢や 嘔吐、 発疹とされていますがこれらの副作用の頻度も0. 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原因療法があればこれを行う。
88