ご 教示 いただける と 幸い です。 「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

確実に返信が必要なものについては、「ご返信いただきたくお願い申し上げます」としたほうがいいでしょう。

また、「いただければ」「くだされば」「いただけると」「くださると」という謙譲表現と組み合わせるのが基本のパターンです。

【例文】ご教示いただければ幸いです。

ただし「幸いです=嬉しいです、助かります」という、マストではないという意味で捉えられることもあります。

例「とんでもないことをしやがって」 3. 相手に頼みごとをしたり、何らかのアクションを促したいとき、 「できるだけ早くお返事をいただけると助かります」という表現を用いることがあります。

急ぎの場合や確約が欲しい時に「幸いです」は不向き したがって、期限に余裕のある時や相手に判断を委ねる場合には適していますが、急ぎの場合や確約が欲しい時には不向きです。

ご多忙のところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただけましたら幸いです。

類語には「めっそうもない(ことです)」「身に余るお言葉です」があります。

ぜひお目にかかり、ゆっくりとご教示をお受けいたしたいと、かねてから思っておりました。

「ご教示いただけますと幸いです」の使い方 「ご教示いただけますと幸いです」を使った分かりやすい例としては、「この製品の納期についてご教示いただけますと幸いです」「来週の予定についてご教示いただけますと幸いです」「昨日の件について何か知っていることがあればご教示いただければ幸いです」などがあります。

71