福島 沖 地震 2021。 【東北地方で最大震度6強】福島県沖の地震に関する情報(2021年02月14日)

日本時間の8日 木 朝にかけて継続し、マグニチュード1以上の地震は100回以上に達しました。

2月16日 -• 2021年2月20日閲覧。

(・ - )、()、()などの夜行バスが臨時運行された。 消防庁 [ ] は、13日23時8分にを長とする消防庁災害対策本部を設置、23時12分には震度5弱以上を観測した岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、埼玉県の各県に対し、適切な対応及び被害の報告について要請を行った。 震源から陸地までが少し離れているため、最大震度は青ヶ島村で観測した震度1です。 長周期地震動 [ ] 階級 階級 都道府県 地域 階級4 福島県 階級3 宮城県 北部、南部 福島県 階級2 岩手県 内陸南部 宮城県 中部 内陸南部 山形県 、、、 福島県 茨城県 北部、南部 栃木県 北部 北西部 東部 、 東部、 中部 階級1 東部、中部 北部、津軽南部、、 岩手県 沿岸北部、沿岸南部、内陸北部 栃木県 南部 南部 埼玉県 北部、南部、 千葉県 北東部、南部 、東部 神奈川県 西部 山梨県 中・西部 長野県 南部 東部、中部 西部 階級4を観測したのは、に発生した以来約3年ぶりで、に観測を開始してから4回目、3月の本運用開始後初めての観測となった。 なお福島県沖では、2021年2月の地震よりやや南で、2016年11月にが発生しているが、この地震は最大震度5弱で、2021年の地震に比べると揺れは小さかった一方、2021年の地震では発表されなかったが発表されており、宮城県で1mを超える津波が観測されている。
72
(PDF 12,315 KB)• 2021年2月17日閲覧 2021年4月1日閲覧
試験関連 [ ] 地震被害に伴う東北新幹線の運休などにより、受験生の移動に支障が出る可能性があることから、は全国の大学に対し、追試験や別日程での振替受験の実施などで、被災地の受験生の受験機会を確保するよう要請した 震源域の断層周辺・広範囲のプレートが長期間・ゆっくりと滑り続けることで発生し、この余効変動は、今後も10年スパンの長い期間を使って続いていく可能性があります
多くの死者を出すような巨大地震も、いつ何どき発生するかは最先端の科学技術をもってしても正確には誰にも判りません - 地震の影響で建物の耐震性に問題が見つかったため、2月25日と26日に行われる法学部の一般入試前期日程学力検査試験について、試験会場を川内キャンパスから片平キャンパスに変更した
78mに達し、そのほか、ニュージーランドやニューカレドニアなどで津波を観測しています ただ、地震発生から1週間程度は強い揺れに見舞われる可能性がありますので、室内の片付けなどを行う場合は、揺れた時すぐに安全を確保できるようにしてください
ライフライン [ ] 2月13日23時44分頃、管内の1都8県(、、、、、、、、 )で約83万軒が停電した 標定図にも同じ番号があり、撮影場所が確認できます
98