夜 に 駆ける 解釈。 小説「タナトスの誘惑」自殺願望を描いた衝撃の結末。「夜に駆ける」との関係性は?

だからこそYOASOBIでは、J-POPや洋楽を聴いている人ともつながりたいと思っていました。

その緊迫感と臨場感に満ちた映像が評判を呼び、登録者数100万人を超える(6月11日現在)人気チャンネルとなっている。

まだCDはリリースしておらず、ストリーミングやYouTubeでの楽曲公開、原作小説集の販売、原作小説「たぶん」の映画化に取り組んできたYOASOBIだが、2021年1月6日に1st EP「THE BOOK」として、いよいよCDをリリースすることに決めた 個人的に、飛び降りてから地面に着くまでの 僅かな時間でも笑顔の君と重なり合いたかったのかなと解釈しています
そして次の瞬間、何かにハッとした主人公は彼女に視線を向けます じわじわとハートに火を点けられる感じ
特に今の若い子にとってはCDが身近なものではなくなってるからこそ、手に入れたいと思ってもらえる形にまで仕上げないといけないと、そこはすごく意識してました」(Ayase) 現状、まだCDを出していないからといって、彼らがマネタイズできていないわけではない それぞれ「昼の姿」があり、その延長線上にYOASOBIがある インターネットから人気に火が付いたアーティストは、「小説を音楽にするユニット」として誕生
その言葉に主人公の男性は何度も傷ついてきた様子がわかります 変わらない日々に泣いていた僕を 君は優しく終わりへと誘う 沈むように溶けてゆくように 染み付いた霧が晴れる 忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に 差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく 繋いだ手を離さないでよ 二人今、夜に駆け出していく どこから解釈すべきか難しいですが、全部に比喩があるように思いますね
音楽と相まって、さらに深く小説の世界観に浸ることができますよ よりYOASOBIの世界を知るためにも、原作小説も併せて読むことをお勧めします
語彙を返してください死神さん! それまでなんとか希望を持って彼女を励ましたり 喜んでもらおうとしていた「僕」でしたが ついに「疲れてしまった」わけですね 無理な強がりもウソも もういいと 僕は家を抜け出し 夜空を見上げた よじれた金網の隙間を いつもの様に飛び越える アスファルトの道を駆け 君に会いに行く 君と僕は 似ているわけでもないのに 運命の糸で繋がっている でも 僕たちは知っている それは愛や幸せではないことを 君が待つ場所に着くと 大きな木は急にざわめき潜めた 君と僕の呼吸の音さえ 夜の闇に静かに響き渡った 君と誰もいない街を駆ける 子供みたいに 楽しそうに 君と僕の目が合う 君は笑う 夜の街を駆ける 逃亡者のように 共犯者のように 駆ける二人を 止めないで 遠く光る明かりに向かって 駆けていくのだから 誰もいない場所 ビルの壁には落書きが残っている 僕の腕時計は いつしか壊れていて 時間が分からない それは 僕たちに永遠の自由が与えられた合図 冷え切ったコンクリートの上に 共犯者達は抱き合って転がる 甘いキス でも苦い 罪の味 もう一度 キス 一瞬 でたらめに描いてみたさ 甘く自由な未来 西の夜空に光る稲妻 僕は気づく 僕たちは 闇(夜)を駆けていく 止めないで 今は もう戻れないのだから 許されない道 滅びの道 分かっている だけど 僕たちは駆けていく 運命(さだめ)を破るために 君と誰もいない街を駆ける 子供みたいに 楽しそうに 君と僕の目が合う 君は笑う 闇(夜)を駆ける 逃亡者のように 共犯者のように 駆ける二人を 止めないで 遠く光る明かりに向かって 駆けていくのだから ぴよさんからの投稿です
ikura:第一印象は、明るい私に対して暗い方なのかなって思ってたけど… これをきっかけにテレビ番組の『CDTV』や『めざましテレビ』で特集が組まれファン数が一気に拡大する
サビに向けてジワジワと盛り上がる感じ 「彼女を助けたい」と何度も必死になって言葉を届けてきたつもりだったけど、 何もかも届いていなかったことに気づきます
ややダークな小説に対し、楽曲はアップテンポなメロディーが印象的 君の笑顔こそが主人公にとっての絶対正義なのです