担当 変更 メール 後任 者 から。 担当者変更メールの書き方とマナーとは?例文に沿って分かりやすく解説します。

その節はよろしくお願い申し上げます。

そこで、今回は営業担当変更の際の挨拶メールの書き方やマナーについて例文を元に解説していきます。

自分の名前や担当していた業務内容などを明記し、相手の企業側に伝わるメール内容にしましょう。

引き継ぎメールを受け取った方は「業務はきちんと回るのか」「次の担当者はしっかりした人か」といった事柄を気にされるためです。

弊社業務に関しましては、毎々格別のご厚情を賜り、有り難く厚く御礼申し上げます。

今まで貴社との業務の中で得た経験を活かし、精励して参ります。

何卒よろしく御願い致します。

担当変更の連絡をメールで行う場合、普段あまり送ることがない内容ですから、どのように書けばいいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

そういった時には、部署は離れるが同じ社内にいるということや、今後もお世話になるといった旨の挨拶文も記載すると良いでしょう。

なにより、こちらの都合での変更で業務上空白の時間ができてしまうなどということは、極力避けなければなりません。

47
この度はご懐妊、誠におめでとうございます。 例えば、トラブルが起こっているプロジェクトで急に担当者変更があると信頼関係を損ねてしまうかもしれません。 そして、 前任者からの営業担当変更のメール送信後に送るようにしましょう。 今後とも、何卒よろしくお願いいたします。 まとめ 今回は営業担当変更の際の挨拶メールの書き方やマナーについて例文を元に解説しました。 これまでの付き合いに対する感謝の意を一言添える。
21