さん け べつ ヒグマ 事件。 これは人喰いヒグマの祟りか!「三毛別事件」知られざる衝撃の後日譚(朝里 樹)

78

引退 - 急逝・没後 [ ] 念願の100頭を達成後、大川は銃を置き、猟師を引退した。

そんな寒空の夜がしらみがかったころ、開拓者池田富蔵家の軒端から何やら尋常ではない物音が聞こえてきた。

それはヒグマが雪をかぶせ、保存食にしていたものだったのだ。

死骸をソリに乗せて運んでいると、それまで晴天だった空が一転して大暴風雪となった。

当時の大川家には、の猟師が山での狩猟を終えた後、買物に立ち寄ることが多かった。

三毛別羆事件現場 地名の「三毛別」は、で「川下へ流しだす川」を意味する「サンケ・ペツ」に由来する。

さらに古い記録では明治11年1月の「札幌丘珠事件」が知られている。