地縛少年花子くん 65話 ネタバレ。 【あらすじ】『地縛少年花子くん』79話(16巻)【感想】

協力だと?と光。 怪異は怪異、生者は生者として混ざらん様に扉を閉じ境界なんて半端な場所はなくしてしまう方がええと告げました。 その影響で花子くんは雷霆杖に触れられなくなりました。 そのため岬神社の所蔵品の中に境界を渡る術があるかもしれません。 その事情を聞いた源輝は、葵にくれぐれも花子くんには注意するよう忠告します。 そんな時、日向が大サービスだと言って、長生きの秘訣を少しだけ教えてやると言い出した。
79
ミツバとの約束に加え、八尋の寿命について、自分に今できることは? シジマの話を聞きながらミツバは光を助けました。 しっかり話せば花子くんを説得できるはずだと、拳を握りしめて熱弁する寧々。 赤い家で起きたこと 赤い家の中はまるでお化け屋敷のような状態でした。 確かにこれは俺の願いだ・・・とこれまでのことを思い出す光。 読む!• 光は、ミツバを不安にさせまいと、悩みなんかないと笑顔で言った。 悠長にしていると偽りの世界が完成して外に出られなくなってしまうから、花子くんの説得は後にして脱出を優先した方が良いと言うのです。 話も一段落したとき、夏彦は光の問題の解決策は六番にあると語り始めるのです。 例の写真の洋館の情報 このような会話をしていたところで、源先輩から連絡が来て洋館についての情報をしえてもらうことに! その洋館は「赤い家」と呼ばれる建物でした。 しかし葵は、私がお相手をしにいっても構いませんか?と尋ねました。
46
ついた先は6番の境界で、地面には水が 源輝は、深い傷を負った茜に傷が感知するまでは元の姿に戻らないよう忠告し、3人は現世に帰ることにします
八尋寧々ちゃんの寿命が短いらしいとか? 長生きの秘訣教えてあげようか?と告げました メイは一瞬驚いた後、涙を浮かべる寧々の頭に優しく手を置きました
メイは寧々から手を離します シジマは絵を描くことも、離脱条件を変えることもできないと嘆きます
心身に異常をきたして自殺・行方不明・事故 メイは、自分と寧々は帰る場所が違うのかと冷静に考えました
日向が六番を狙う理由は何なのでしょうか? 地縛少年花子くん【最新第65話】の感想 六番の正体はなんと死神 司は普に飛びつくと、俺のことが好きかと尋ねました
しかし寧々はその申し出を断り、振り返りました メイが先に登り、寧々は透けた階段を不安そうに登ろうとします
その宮司は國重の生家を侮辱するような発言が多く、神社の金にも手を付けるろくでなしでした シジマは舌打ちをして、もう一度ナイフを振り上げます
少女の正体とは? こんな感じです! 謎は深まるばかりですね… その場にいた全員が何事かと電話を見つめていると 「 あーかねくん こんにちは おねがい叶えてあげようか」 と声が聞こえてきます
\無料インストールで今すぐ読める/ 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね 寧々の理想の展開を聞き、シジマは呆れたような表情を浮かべました
そう言うなら、この偽りの世界はシジマが作った世界なんだから完成を止める事とかはできないのか? けれどシジマは七不思議の境界にはルールがあって、完成を遅らせる事や寧々たちを離脱させることはできないのだと言うのです 一方、六番・シニガミ様はというと・・・ まさか「ゴミ箱」と呼ばれる穴にカンナギである葵と共に、あそこに落ちる予想外の展開に頭を悩ませていました