フェ キソ フェナジン 塩酸 塩 錠。 フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「DK」

そのため抗コリン薬が禁忌である緑内障患者や前立腺肥大患者には、抗ヒスタミン薬も禁忌とされていました。

ここではフェキソフェナジン塩酸塩錠について効果や副作用の特徴を、他の抗ヒスタミン薬と比較しながら詳しく見ていきましょう。

その他も含めて安全な薬として多くの人に処方されています。

成人:フェキソフェナジン60mgを1日2回内服• どうしても効果が不十分な時に検討されます。

禁忌 【禁忌】 次の患者には投与しないこと• このため1日2回の服用をしなければ、効果は安定しません。

また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体をブロックすることでアレルギー反応を抑えて効果を示します。

また添付文章では、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

65

錠30mg、錠60mg 薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するように指導すること。

ただしフェキソフェナジンは、効果の持続時間が長くありません。

最も多い副作用は頭痛ですが、実は花粉症でも頭痛になることがあります。

,n=24) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。

フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「ファイザー」 フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「ファイザー」と標準製剤それぞれ1錠(フェキソフェナジン塩酸塩として60mg)を、クロスオーバー法により健康成人男子に絶食時単回経口投与して血漿中フェキソフェナジン濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log(0. ジェネリックのフェキソフェナジン錠は、市販で正式ルートにより購入することはできませんので、病院で処方してもらう必要があります。

これをもとに、28日間の自己負担額で比較してみましょう。

(適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤は、PTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。